沖縄+ポタリング ちゅらぽた

ポタリング 焼き物の町と青い海!
壺屋・三重城コース

観光と日常が交差する那覇を満喫

那覇の中心部をぐるりと回るこのコースでは、まず国際通りを通り、壺屋やちむん通りへと向かいます。人気の観光地をクロスバイクで巡りながら、ガイドの解説に耳を傾けてみてください。地元の人でも知らないような新しい発見があるはずです。その後、奥武山公園、那覇港を通り、海沿いを爽快に走りながら那覇のビーチリゾート、波の上うみそら公園へと向かいます。人気観光地、歴史ある町並み、地元の憩い場など、バラエティに富んだ約12kmのコースです。

8:00~11:30

集合場所「沖縄輪業前島2号館前

5,400円 (税込)

2〜6名

ヘルメット必須(レンタル可能) ※6名様以上の場合には、別途ご相談ください。(個別対応) ※参加費に含まれるもの オリジナルボトル(給水用)、傷害保険、ガイド料金

コース内容

AM8:00 沖縄輪業 前島2号館前に集合!

出発前に、参加者全員でクロスバイクの点検と安全確認を行ったら、ガイドがコースの説明をします。クロスバイクに乗るのが初めての方は、店舗前で少し練習をしてからスタートになります。

うちなーんちゅ気分の朝の「国際通り」

県庁北口から安里三叉路まで続く那覇のメインストリートで、米軍占領下の時代に「アーニーパイル国際劇場」という映画館があったことから「国際通り」と呼ばれるようになりました。直線1.6kmにおよぶ通りの両脇にはみやげ物店や飲食店がずらりと軒を連ね、多くの観光客で賑わっています。このコースでは、店がオープンする前の人通りの少ない時間帯を狙って、沖縄一の繁華街をクロスバイクで走ります。

ならではPOINT注目!

知られざる国際通りの今むかし

むつみ橋交差点にはかつてガーブ川という川が流れていて、その上にかかっていた「むつみ橋」の名残で、今もここだけ歩道がこんもりと高くなっているんだって。地元のガイドさんが案内してくれるから新しい発見がたくさんだね!

1

風情あふれる「壺屋やちむん通り」

「やちむん」とは、沖縄の方言で焼き物のことです。国際通りから徒歩5分くらいの場所に位置する壺屋は、昔ながらの石畳の路地にやちむんの窯元やショップが並ぶ県内有数の焼き物の町。琉球王朝時代の約330年前、王府が各地に点在していた陶工をこの地に集めたのが始まりだといいます。伝統的な技法を用いた器やシーサーをはじめ、現代的なデザインの食器を販売する新しい店も増えています。

ならではPOINT発見!

今も現役で動く昔ながらの井戸

ガジュマルの木の下に古い井戸を発見。やちむん通りの東端にあるので「東(アガリ)ヌカー」と呼ばれていて、昔は地域の人々の貴重な水源だったんだって!何度かポンプを押すと冷たい水が出てきて気持ちよかったよ!

2

市民憩いの「奥武山(おうのやま)公園」

ゆいレールの奥武山公園駅と壺川駅にまたがる広大な公園は、昭和34年6月に開設された沖縄県内初の総合運動公園です。3万人を収容できる沖縄セルラースタジアム那覇、武道館、弓道場、プール、テニスコートなどの施設が揃い、那覇まつり、産業まつりなどの会場としても幅広く利用されています。また、公園内には世持神社、護国神社、沖宮の3つの神社があり、初詣には多くの参拝客で賑わいます。

3

都心のビーチリゾート「波の上うみそら公園」

那覇のベイエリアに位置するこの公園は、那覇エリア唯一の遊泳ビーチである波の上ビーチをはじめ、ダイビング・シュノーケリング専用ビーチ、ビーチパーティーが楽しめるバーベキューエリアがあり、那覇市民のみならず県民の憩いの場となっています。更衣室などの施設も充実しているので、観光客の方も気軽に利用することができます。隣接する三重城港は、釣りや那覇湾のクルーズを楽しめる港です。

4

おつかれさまでした!

全てのポイントを回り、スタート地点に戻ってきたら、ツアーは終了となります。
途中で撮影した写真など、皆様の思い出を「#ちゅらぽた」と入れてinstagramでシェアしてみてください。本サイトにて掲載させていただきます。

GOAL

お申し込みはこちらから

ツアーに申し込む